クレジットカードについて(備忘録)

ヤングゴールドカードの利用や審査について

ヤングゴールドカードは、20代を中心にしたクレジットカードのサービスになります。このゴールドカードでは旅行時の傷害保険やショッピング保険等が付帯しています。ヤングゴールドカードに申込むことで入会の審査がありますが、このカードでは安定をしている毎月の収入額があるか等の審査の項目があります。20代等の若い年代で一般のクレジットカードとは1ランク上のカードを所持することを希望している場合にはこのカードの利用が適しています。このゴールドカードの審査に通ると20代から専用のゴールドカードを所持することができます。また30代になると、通常のゴールドカードに自動的に切り替わるクレジットカード会社も多くあります。

これらのゴールドカードの利用は、通常のゴールドカードよりは審査基準は緩めになっていることが特徴でありこの基準はクレジットカード会社ごとに異なっているので、年収額がどの程度であると、基準をクリアすることができるかは明確ではありません。こうしたカードのメリットとしては20代等の若いうちよりゴールドカードを持つことが可能になる点です。また海外への旅行のサービスで利用したい若い人にとって利用する意味のあるクレジットカードになっています。この他の利点としては、通常のゴールドカードを利用する場合には年会費が1万円台と高額になっていることが特徴になっていますが、通常の3分の1位の年会費から利用することができる点です。

イチオシのアメックスカードをプラチナカードにランクアップ

数年前海外旅行に行くことになって、みんながイチオシのアメックスのカードを作りました。海外旅行に行くなら現金は危ないっていうからイチオシのアメックスのカードを作ったんですよ。カードには抵抗がなかったですね。まわりがみんなもっていたということもあって、むしろ早く欲しいって思ってましたからね。

その後、「プラチナカード」の案内が送られてきました。このカードはもっているとラグジュアリーな気分になれますけど、そこまで強いこだわりがなかったですね。でもせっかくだからランクアップしちゃいました。お店でさりげなく提示すると、優越感に浸れますよ。今まではそんなふうに思ったことはなかったんですけどね。

それにしてもプラチナカードは、やっぱり待遇が良いですよ。自分が自分じゃないみたいです。お金があるのをアピールしてしまうような行動は好きじゃなかったんですけど、このカードをもつようになってからは、優遇されるのって良いなと思うようになりましたね。プラチナカードで有名な観光スポットを貸し切りできる優待券が送られてきたり、さまざまな豪華特典を受けましたよ。どれもこのカードだからこそできる体験ばかりです。重宝してますよ。

自動車ローン審査、連帯保証人が必要な条件とは?!

未成年者が自動車を購入して、自動車ローンを組むときは、必ず連帯保証人が必要になってきますね。連帯保証人は、ローンを組んだ人が借金の返済を出来なくなった時に、本人に代わって借金の返済をする人です。

20歳以上でも学生だった場合は、連帯保証人を付けることが条件になることもあります。連帯保証人は、親になってもらうのが一般的ですが、親元を離れて生活している、両親が亡くなっている、などの場合は、親せきを連帯保証人に立てることも可能のようです。親と同居しているのに、親以外の人を連帯保証人に付けると、審査が通りにくいこともあるそうです。その理由としては、親が自己破産している、ブラックリストに載っている、などとローン会社に推測され、信用性にダメージを受けてしまうのです。(補足ですが、自己破産は借金を返せないときに裁判所で借金を免除してもらう制度で、任意整理は借金を弁護士さんなどに整理してもらうことです。)

最近では、信用保証会社に保証人になってもらうというケースも多くなっています。連帯保証人を探す手間はなくなりますが、信用保証会社を利用する場合は、保証料や手数料が掛かります。自動車購入にも大きなお金が掛かるのに、ちょっと痛い出費ですよね。未成年者以外にも、連帯保証人を立てるよう、条件を求められる人もいます。高額な自動車購入の場合や転職したばかりの人、他のローン会社での借り入れが多額の場合などなど。

災害対策はクリティアのウォーターサーバー

先日テレビで災害があった時の家庭での対策のことを放映されていました。考えてみると我が家では何もしていないと怖くなりました。一応乾パンはありますが、あれいつのだっけ(-_-;)でも用意していても結局すぐに賞味期限が切れてしまうんですよね。一応100円均一で災害袋を買ってきて簡単な救急処置の物と飴をいれています。

どうしても水分が困りますが、ウォーターサーバー対応できるのではないかと思いついたのです。インターネットで調べてみるとやはり災害対策でウォーターサーバーを設置している家庭もあるみたいですね。友人が置いているウォーターサーバー「クリティア」というのがあって話を聞きました。

クリティアの賞味期限は6か月だからまずその辺は問題ないですね。災害時3日間のお水を用意すべきなんだろうですが、クリティアなら1本12リットルだから3本ぐらいストックしておけばなんとかなるそうです。友人にクリティアについて聞いたら、バナジウムというミネラル成分が入っている富士山の天然水なんだとか。

料金は最低3500円からで美味しいお水が飲めて安心が買えるからいいかもしれませんね。クリティアはボトル以外にも6リットルのパックになっている商品もありますからちょっと悩みました。ボトルは重そうですしパックからウォーターサーバーの台の下に置き場があってすっきりしそうですし。

友人は結構お水の消費が多いからボトルにしているそうです。そうですよね~最初の目的が災害対策だからボトル第一希望で否定的な主人にプレゼンします!